FC2ブログ


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクロバティック 白鳥の湖
2006年07月30日 (日) | 編集 |
今日は、親友のhanaとデ?ト♪
↓hana撮影。

20060730115254.jpgこれ、顔つくってマス^ ^。
不自然デス。
マジメな顔して、
スムージー、
ズーズー ( ̄・・ ̄)デス。


スムージーの季節ですね♪
おいしいスムージー、みつけたいーー!


そして昨日は、舞台観賞してきました♪

20060730115233.jpg名作「白鳥の湖」。
写真は、舞台の合間の
ホットひといき^ ^。

芸能人、著名人も結構きていましたよ。

バレエなのですが、
アクロバットです!

いやぁ?、衝撃でしたねぇ!

上海シティ・ダンスカンパニーによる舞台。
エリートバレエダンサーであり、
中国雑技団のような動きをとりいれています。

「マシュー・ボーンの白鳥の湖」もそうですが、
バレエだけど、バレエに留まらない。
この作品もバレエでありながら、ブロードウェイでも上演される
今やその垣根はあいまいですね。

その演目として最も相応しいのが「白鳥の湖」といえるでしょう。
130年の歴史がありながら、常にその時代の天才によって、
新しく生まれ変わってきた作品ですから。


斬新で鮮やかな舞台美術をバックに繰り広げられる、
バレエの洗練された動きと、
人間離れした技の融合。

とにかく、すごすぎて、つっこみどころ満載です。

特にワタシが好きだったのは、魔界の蛇
身体が柔らかいんですよ。
きみのからだは、どないなっとんねん!」デス(^ ^)。

パンフレットに載っていました。
20060730115243.jpgそうそう、この人。
爽やかな笑顔が
反らした身体の足の間から…!!(笑)

素顔、かわいいんですね♪



そんななか、息を呑んだシーン
オデット姫が、王子の肩の上でトウ立ちし、
ゆっくりと、片足を持ち上げ、
まっすぐ頭の上まで上げたとき・・・
一瞬、目を見開いて「うわ???!!!」となり、
その後、
あまりの美しさに、厳粛な気持ちになりました

驚異の「技」を、感動の「美」として魅せる<鍛え抜かれた肉体>

場内拍手喝采。


アジア発の、白鳥の湖は、世界無二でした!!

ブロードウェイでも、ロングランになってほしいです?^ ^。

「アクロバティック 白鳥の湖」in オーチャードホール
スポンサーサイト
マスターズ・オブ・グルーヴ
2006年07月29日 (土) | 編集 |
25日26日のワタシは、、
日ごろのぼんやり小町がさらにパワーアップして、
スーパーぼんやり小町!

新月だから???

財布忘れ、
取材したMD忘れ・・・いいかげんにシテクダサ?イ♪

そんななかで行った
<マスターズ・オブ・グルーヴ>のライブ。
カッコよかった?!
厄も吹っ飛びました♪(?)

MUSIC POWERですねーー。

060728masterofgroove.jpg


このブログをアップしたら、
itunesでケイト・ブッシュをダウンロードして、
改めて聴いてみようと思っています。
明日、彼女の誕生日なので(^ ^)。

RESPECT☆☆☆☆
スカルは怖くない!
2006年07月26日 (水) | 編集 |
「パイレーツ・オブ・カリビアン?デッドマンズ・チェスト」

20060726001014.jpgというタイトルで、
ネックレス
つくりました?♪



ちゃんと、チェストの鍵穴と、キーをつけたんですけど。。。
どうでしょう?


夜中、ラジオペンチ片手に
А(ё ё)シコシコシコシコ・・・




スカルって、今年大流行していますが、
怖いって人、いますか?

スカル(というか髑髏ドクロ模様)は、
昔から着物などの模様に使われてきた伝統的な柄で、
男性用着物の裏側などにあしらわれていたんですけど、

ドクロマークは、厄除けなんですよね。

お守りみたいなもんdeath。。。

 ちなみに、このスカル、雑誌の付録の
 携帯ストラップについていたものdeath♪ (〇 Ш 〇)


夜中に、こういうものを作ると、
勢いづいてしまいますね。

ついでに、ブレスレットのパーツをばらして、
もいっこネックレスをつくってみました♪


20060726001027.jpgこちらのタイトルは、
「メロウトロン」
(byクラムボン)death。





20060726001038.jpgつけた感じ
death♪

←隣の人が・・・、


自分で自分を撮っているワタシを、アヤシイ目でみているので、
微妙な表情 death・・・
『M:i:3』 『パイレーツ・オブ・カリビアン』
2006年07月23日 (日) | 編集 |
ベランダから、花火が上がっているのが見えます。
調布市の花火大会?
おなかに響く、いい音です?♪


さてさて。

今日、『M:i:3』『パイレーツ・オブ・カリビアン?デッドマンズ・チェスト』
2本の映画を見てきました!


20060723210102.jpg

品川のプリンスシネマは、チケットを買う人で長蛇の列。


060722mi3.jpg『M:i』シリーズは、正直、
『1』で魅せられ、
『2』でガッカリした人!
結構いるんじゃないかと想像していますが・・・


(『2』はねぇ・・・、ちょっと、メロドラマ入っているかも??スローモーション、使いすぎだし)

しかし、『3』は、かなりよかった?!!
ワタシは好きです。
もしかしたらシリーズNo.1かも。

スーパーマンもびっくりの超人ぶりですが、
カット割りもいいし、
気持ちいいスピード感ですし、トムもかっこいい。大活躍。
走って走って走りまくるトム(めちゃ早い)、10秒とかですごいことをこなしちゃうトム。
アクションも積極的に自分でやっているし、
コスプレもいい感じ(←っていうか変装)

ちなみに、スパイの必需品といえば、変身用マスクですが、
今回は、その<人の顔をスキャンして瞬時に変装用マスクを作るマシーン>が出てきます。
そのマシーンの動きが「秀逸だなぁ」と感心していたら、
『ブレードランナー』や『エイリアン2』で、
<未来デザイン>を手掛けた
シド・ミードさんがデザインしたと
エンドロールで出ていたそうで。さすがです。

作品のテーマは<家族愛>にしているあたり、親子でも恋人でもGOODです♪



20060723205042.jpgそして話題作といえば・・・
やはり、全米で公開1週間で
約1億9600万ドルを記録した
『パイレーツ・オブ・カリビアン』?♪


昨日の日本公開初日、渋谷では、もちろん満員御礼
「海賊の衣装を着たコスプレ客も多数来場した」(笑)ということからも、
その人気ぶりが伺えます。

だって、ジョニー・デップさんが舞台挨拶するイベントでは、
イベント関係者であるJ-WAVEの社員の方が
すごい数の人で会場に近寄れないから、とりあえず戻ってきた
と言っていましたから。

海賊ジャック・スパロウと船員たちが、原住民に捕まるシーンがあるんですが、
そのあたりのズッコケぶりには、ゲラゲラ笑いました。

シリーズ3作目は、ローリングストーンズのキース・リチャーズがでるそうです!
どこまでやってくれるんでしょーねぇ?♪


あと『UNITED93』『ローズ・イン・タイドランド』『スーパーマン リターンズ』・・・と、
まだまだ観たい作品多数!

今年の夏休み映画は、豊作デス♪
夏休み?! 軽井沢旅行
2006年07月23日 (日) | 編集 |
仕事で軽井沢に行ってきました?♪

大雨つづきの日本列島。
長野へ車で移動中、
突然豪雨に襲われながらも
なんとかホテルに到着すると・・・


20060723002808.jpg駐車場で、

虹に迎えられました?(^ ^)



そのまま晴れ間はつづき、
夜ごはんのあと、他のスタッフと
蛍を見にいこう!!
ということになり、
タクシーを降りたところは、
真っ暗な闇。

車のライトを消すと、月明かりの明るいこと。
そして・・・

満天の星

みんなで見上げました。

ふと気づくと、蛍の季節がおわろうとしているなか、
二匹の蛍を発見。
それがふわふわと飛んできて、

な、なんと!

私のTシャツにくっつきました!!!

酔っ払いたちでワーワー言いながら笑って
童心に返った、不思議な夜でした。


20060723002828.jpg次の日はロケです。
首から双眼鏡をさげ
朝からネイチャー・ウォッチング。

緑!アロマ!緑!アロマ!

東京で汚れきった肺を一新すべく、
す?!は?!す?!は?!


鳥、虫、魚と、じっくりみると
どれもおもしろいですねぇ。
ガイドさんがネイチャー・ワンダーランドへ案内してくれます。

葉巻のようにクルクル巻かれた葉っぱを広げると
0.5ミリ程の卵、1粒だけが出てきたり。
オトシブミという虫がつくった卵のベッド。
(ちゃんと卵を戻しましたよ *^ ^*)
神秘の宝庫です


今回お世話になった
軽井沢プリンスホテルは、
東京ドーム4個分に相当する、11万平米の敷地を生かした、
様々なアミューズメントやアウトレットショッピングモールがあり、
ホテルとコテージを合わせて841室
犬と一緒泊まれるコテージも15棟あるんです。

20060723002840.jpg日本じゃないみたいだと
思いませんか???



例えば8人用のコテージは、
真ん中に広い部屋があって、その周りに、
2ベッドとシャワートイレのある4部屋があるので、
4カップルで泊まりに来るとか。
いろいろなタイプの部屋があります。
プライベートでも来たいです!

そんなこんなで、
ロケは無事終了。

帰路も車です。

この近くにも、いい滝があるんスよ?

ドライバーのTくんが言いました。
彼、滝フェチなんです(笑)。


いいじゃん、行こう行こう!!

20060723002850.jpgということで、千ヶ滝へ。

滝まで結構歩きましたね?。



20060723002901.jpg到着しました?♪
滝的万歳?♪

←ハラでてるっつーの!!

20060723002910.jpgこれなんて
カレンダーみたい
きれいな写真!
シャッター速度を遅くするんです。
さすが滝ばかり撮っているだけあります(笑)。


あ、このページの写真すべて、滝を撮るために、
一眼レフを買ったという、T君が撮ったのをいただきました(笑)。


仕事ながら、素晴らしい経験ができました。

小旅行にいい季節がやってきましたね。
皆さんは夏休みにどこか行きますか?(^ ^)
イグアナの娘
2006年07月16日 (日) | 編集 |
『イグアナの娘』、知っていますか?


「絶対好きやと思うよ?」

そう妹に勧められ、借りてから1年。

「ほんまに、おもしろいんかな?」
と半信半疑の私。

しかし昨日は、軽井沢ロケから帰って疲れていたので、
家でごろごろするおともに見てみました。

そうしたら、これが、

本当に、おもしろかったんですよ?


20060716150046.jpg原作は、
萩尾望都さんの同タイトルのマンガ(1994年出版)。

ドラマは1996年にテレビ朝日系列でOAされていたので、
ご存知の方も多いかもしれません。


出演:菅野美穂、草刈正雄、川島なお美

たいていのドラマのストーリーは、聞いたことのあるような内容で、
この物語も、既存の恋愛、親子、青春ものの要素が
盛り込まれているのですが、とにかく
主人公が実はイグアナ」という設定で、
ディティールがものすごくおもしろくなっているんです。

深い悲しみを描きんがら、マジになりすぎない。
だって、菅野さんが、ときどきイグアナになるわけです。
笑っちゃいます。

主演の菅野美穂さんは、弱冠19歳にして素晴らしい演技を見せていて、
「この人、頭いい。そりゃ売れるわ!」と思いました。
草刈正雄さんも「かっこいい」し、
川島なお美さんを女優・川島なお美として改めてみたとき、
その魅力の深さに驚きました。

「良さを引き出しあう、いいスタッフに囲まれた
撮影だったんじゃないかな」と感じられる、
クランクアップの様子NG集もDVDに収録されています。必見。

とにかく、シュール

マンガも読みたい!


ストーリーはこちらへどーぞ
深夜の都会
2006年07月13日 (木) | 編集 |
20060713020312
ふぅ?…
やっと今原稿カキオワリマシタ♪
六本木から自転車でのんびり帰ります。森山直太郎さんのラジオ番組聴きながらね。ははは。結構おもしろい。深夜の都会、いい感じです。

金曜に仕事ができないので今日仕事を済ませたのですが、明日から一泊、軽井沢でロケ取材。
また報告しますね?(ΘёΘ)♪
トリノ、24時からの恋人たち
2006年07月12日 (水) | 編集 |
W杯で底力を見せたイタリアの映画を紹介!

舞台は、オリンピックに沸いた<トリノ>です。

トリノはフィアットの本拠地であり、
工業地帯としての一面を持ちますが、
イタリア映画発祥の地なんですね!

20060712014038.jpg『トリノ、24時からの恋人たち』
監督:ダヴィデ・フェラーリオ

?+-+?+-+?+-+?+-+
トリノのモレ・アントネッリアーナ(国立映画博物館)。
そこで夜警をしているマルティーノは、
孤独でシャイな映画好きで、現実とファンタジーの間を生きている。
ハンバーガーショップで働くアマンダは、よりよい生活を夢みていて、
その恋人アンジェロは、男性的な魅力に溢れているものの、
仕事(?)は車泥棒。

それぞれが、何かに恋をすることで、バランスを保ってきた3人の若者たち。

しかしある夜、店でトラブルを起こしたアマンダが、
国立映画博物館に逃げ込んできたことから、ドラマが動き出す。
?+-+?+-+?+-+?+-+

この映画は、『ニュー・シネマ・パラダイス』のような
黄金時代の映画へのオマージュです。
アンジェロは、どこか『勝手にしやがれ』の憎めない色男、
ジャン・ポール・ベルモントを彷彿させ、
アマンダは『大人は判ってくれない』のドワネルと重なり、

溢れんばかりの情熱で、映画のこと、
そして<特別な心の拠り所>が描かれています。
学生の頃のような、せつなくて甘い気持ちになりますよ。
音楽の使い方も、◎です。

そして、淡々と流れるストーリーの中に、イタリアらしい陽気さが、
ほとばしっています。

そう、その陽気さは、いつも私が、
「最近の社会に足りないなぁ」と思っているもの…かな。


見た後は、笑顔になっていること間違いなし^ ^。
チャップリンや、往年の名画を見た後のような
心の芯が温まっているような気持ちです。


日本では晩夏公開予定。おたのしみに。
オフィシャルサイト
ルーブル美術館展
2006年07月12日 (水) | 編集 |
20060712012138.jpg雨 
ザァーー ザァーー のなか、
上野の東京藝術大学大学美術館に行ってきましたよー!


現在開催中の
ルーブル美術館展
おすすめです

MHMでも紹介しましたが、
今回は、現在修復中の<古代ギリシャ?ローマ部門>から
134点が日本にきています。

あの広いルーブル美術館の
35万点を一気に観るのは、不可能・・・
こうしてテーマを切ってくれると理解しやすい!!

ギリシャ神話を題材にした彫刻などが中心です。

「やはりヴィーナスはきれいだなぁ?」

と眺め、なんてたって「愛の女神」というところで、
全面的に好きなのですが、今回
アテナもいいな?」と思いました。

知恵と戦いの神です。

しかし、なんであれほど美しい彫刻が作られるようになったんでしょうねぇ。
あのスタイル、形が、いかに計算されつくした黄金比か
紹介した3Dシアターもあります。

ルーブル美術館展
VIVA ☆ 座禅!
2006年07月03日 (月) | 編集 |
2006年、下半期突入!

ということで、

皆さんは下半期スケジュールを考えたりしますか?

私はここ数日、下半期のスケジュールを組んでいました。

で「心機一転!
座禅でココロのデトックスをしてきました。

偶然、西麻布の<長谷寺>の前を通ったんですね。

このお寺は、
旧J-WAVEオフィスの向かいにあるので、
以前は何かと節目に来ていた所。

久々にお参りして、素晴らしい大観音の御姿にほれぼれし♪

おみくじをひいたら


20060705091223.jpg大吉!

オォッシャーーー Σ( ̄ロ ̄*)Я

ありがたやありがたや・・・♪


たしか年始は、
小吉とか・・・
中途半端にありがたい感じだったっけ・・・


そんなことをしていて、
思い出したんですよ・・・。


ここは座禅をやっていることを。

20060705091248.jpg今日はちょうど
座禅会のある月曜日♪
スタートは夜7時からとのことで、
出直しました。


やはりお寺の中に入ると、清々しい空気が漂っていますね。

トイレに入るとき、
外国の方が、トイレの仏に、一礼してから入っていたので、
私も真似て。頭が下がる思い。

受付で初心者であることを告げると、
座禅の基本を一から教えてくれます。

堅苦しくなく、
心静かな時を過ごすことに重点が置かれているので、
大きな音の出る「喝」は依頼する人にだけ入れる、
というのも周りの人への配慮。

こちらの大本山<永平寺>や、
同じ流れを汲む神奈川の<總持寺>も
座禅を一般に開いていて、そちらは、
もう少し厳しくしているそうです。

「礼を重んじる」

気持ちいいです。

修行僧の方の気配り、思い遣りにも、心が休まりました。

20060705091236.jpg長谷寺
毎週月曜 夜7時から
座禅会をしています。
初心者の方は、6時45分ぐらいまでに
到着することをおすすめします。
100円。


豪雨!!
2006年07月03日 (月) | 編集 |
20060703145653
渋谷から原宿に向かっていたら
イッキナリ土砂降り★
向かいにあったロッテリアにかけこみました?(>_<)

しばし雨宿りがてら仕事しま?す♪

オレンジのは、月光荘のスケッチブック。
かわいいのでお気に入りです(*^_^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。