スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポール・コールマンさん ? アースデイ
2006年04月16日 (日) | 編集 |
『木を植える男 ポール・コールマン』♪ 不精さや? 掻き起されし? 春の雨? ♪
                    松尾芭蕉


句意:春雨の物憂さに昼近くまで蒲団を被って寝ていて、家人に体ごと抱え起こされるこの不精さよ。

バショーさんの気持ち、よーくわかります。
ここ最近雨模様の日本・・・寒はもどるし、毎日ねむいしねぇ。。。


さて・・・、

そんな4月に相応しいイベントがありますね。
もうすぐ<地球のことを考える日?アースデイ>。
1970年、アメリカから起こったこのムーブメントも、
現在100カ国以上が参加。
日本でも、環境省などが後援となり、
メインイベントでは、昨年11万人を動員しました。

今年のメインイベントは、4月22日、23日、代々木公園にて開催。
テーマは「緑がツナガル」。

まずはご近所の<中国><韓国>と手をつなぎ、
アースデイが開催される北京、ソウル、東京がツナガル・・・

その象徴として、なんと、中国・万里の長城から、日本・代々木公園に向けて歩いている人がいます!

ポール・コールマンさん。

彼は、歩いて旅ををしながら、
<20世紀に戦争で亡くなった犠牲者>の数と同じ、
<1億本の木>を植えることを活動の目的とし、
愛地球博でも「地球を愛する100人」に選ばれ、国連大使としても活動されています。

1990年から歩き始めたコールマンさんがこれまでに訪問した国は<39カ国>、
4万4千キロを歩き、600万本以上の木を植えてきました。

風が吹いただけでも足が痛む日もあっただろうと想像しても、
その精神力の大きさは、想像をいとも簡単に越えてしまいます。
現在は、22日の代々木公園の到着に向けて、御殿場あたりを通過中。

4月22日、11時?スタートするイベント内で、
<アースデイ実行委員会委員長のC.W.ニコルさん>と一緒に、トークショーに出演されます。

フード屋台が並び、フリーマーケット、ライブと賑やかに過ごすアースデイ。
機会があれば、足を運んでみてください^ ^!

アースデイ東京

『木を植える男 ポール・コールマン』菊池木乃実著

 *菊池さんもコールマンさんと一緒に歩いています。
  私は、菊池さんと取材打ち合わせをする機会があったのですが、爽やかな方でした。
  「この本を書いたことが縁で結婚したんですよ?」とのことですよ!ひゅーひゅー♪
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。