スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GREEN GOAL by FIFAワールドカップ
2006年06月18日 (日) | 編集 |
きょうは運命の・・・

日本vsクロアチア戦??(?д?*)/

もう結果が出た後で、
この記事を読んでいる人も多いかもしれませんが・・・

ワールドカップを<エコ>な視点で紹介しておきましょう?ね!

060618greengoal.jpgグリーンゴール
ご存知ですか?


ドイツがW杯会場に決定した後、
2003年に、ドイツ大会組織委員会のベッケンバウアー会長と、
ドイツのトリッティン環境大臣が会見を行い、
ドイツ大会における環境コンセプト
<グリーンゴール>を発表しました。

<廃棄物><交通><水><エネルギー>の4分野の、
環境負荷を従来より20%削減しよう!
というのが目標。

<廃棄物>は・・・
出来る限り簡易包装。
スタジアム内は全てリユースカップ使用

リユースカップは日本でも浸透してきましたが、
たとえば・・・、
「ビールが2ユーロであれば、カップ代金を足して3ユーロ支払い、
カップを戻せば1ユーロ返金される」仕組み。
ドイツでは当たり前だそうですが、
この大会後は、全てのスタジアムで導入されるそうです。

<交通>は・・・
公共交通利用を50%UPさせることが目標。
観戦チケットに、公共交通機関を24時間無料で利用できる
サービス
がついています。

<水>は・・・
スタジアムで消費される2大要素、
<ピッチの散水>と<トイレの排水>に雨水を使用

<エネルギー>は・・・
スタジアムの屋根にソーラーパネルを設置するなどの他、
ワールドカップで消費される電力のほとんどは、
<水力発電>でまかなわれることになっています。


などなど・・・
こうして環境負荷削減!
それでも出てしまう10万トンのCO2は、
CO2ニュートラル>で相殺します。

このCO2ニュートラルとは・・・
例えば
「発展途上の国に、従来より効率の良い電力源を設置する」など、
いくつかの投資によって、発生したCO2の排出量を、
理論上、オフセットする方法なんですね。


ここまで環境に配慮したスポーツイベントは世界初ですよね?。
ドイツ、すごい!!

FIFA会長のブラッターさんも、
このワールドカップ開幕に向けて
「サッカーには、平和や発展を助ける力がある」と
メッセージを送っていますが、
今まさに、<平和>と密接な関係にあるのが
地球環境の問題>。


世界共通の言語<サッカー>で、
私たちは地球に、愛をささやいていきましょう?♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。